地方ほど小学校受験への意識は低くなる

ずいぶん昔から小学校受験という言葉は耳にするようになってきていると思います。ドラマでもこういったことを題材にしたものもよく目にするようになりました。都心部では小さな子供が受験をするのは当たり前なのかもしれません。
しかし私の住む地方ではまだあまり馴染みのないものであることも事実です。地方では、むしろ小さな子供を勉強に縛り付けてしまう事への抵抗感を示す親すらも存在することも確かな現実だと言えるでしょう。しかし小さな子供は吸収が早く、一つの学びや気づきから無限の可能性が生まれ、学ぶ喜びへと繋がっていくものではないかと考えられます。
つまり小さな子供に受験の為の勉強を教えるのではなく、成長する為の学びを得られるような勉強の先に受験があれば、地方にも浸透していくと思われます。

子どもと向き合う時間を大切にしましょう

小学校受験は親子で挑戦することになります。合格が最終的な目標ではありますがそれまでの過程も大切にしていきましょう。まず受験はどういったことをするのか、情報収集をしておきましょう。この際に学校の特色は必ず確認しておきましょう。
親の望むことと子どもの性格がもしかすると違うという場合も考えられます。我が子を温かい目で見守り、親のためではなくて子供の将来のために学校選びを行いましょう。地元の小学校へ入学する子どもとは違い、電車通学が多くなります。
初めてだらけで子どもが戸惑わないように時間を見つけて電車に乗る練習などもしておくと安心です。受験に向けて子どもはたくさん学ばなくてはいけないことが増えます。プレッシャーになっていないかなどの配慮も忘れずに、目標の学校への入学を目指しましょう。

子供の集中力を育むことが鍵になります

小学校受験では、子供の集中力を切らさない工夫が大切になります。親が用意出来ることや対応する部分は、ある程度コントロール出来ますが、子供が担う部分では、子供を信用し任せるしかありません。子供の失敗を親が上手くフォロー出来る場合もありますが、一筋縄では行かないことが殆どです。
余程回数を踏み、場慣れしていない限り、受験当日は、親の方も緊張しており、そうそう上手く立ち回れることはない筈です。早い段階から受験に対する対策を講じ、子供にもある程度は任せられるように準備しておくことが必要です。
その為の課題となるのは、子供の集中力です。特に幼い内は、色々なことに興味を示しますから、一つのことにじっくりと集中するということが苦手です。何気ないきっかけで、集中力が切れてしまうことも珍しくありませんし、親の思った通りに動いてくれないことも多いので、ある程度は開き直り、子供に任せられるようにしておくことが大切になります。

入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 小学校受験合格を目指すなら【伸芽会】におまかせください!